糖尿病性末梢神経障害とは~非常に恐ろしい病気

糖尿病とは、血糖値が常時、高い状態の病気です。糖尿病はそれ自体も非常に恐ろしい病気なのですが、様々な重篤な合併症を引き起こすと言う点においても、恐ろしく厄介な病気です。糖尿病が悪化すると、特に全身の血流や血管、そして神経機能に大きな影響が及びます。そのため引き起こされる合併症としては、網膜症や腎症、そして糖尿病性末梢神経障害などが挙げられます。これは網膜症や腎症同様、高血糖によって神経が変性してしまったり、毛細血管の障害によって血流が阻害されてしまうことで、末梢神経にまで必要な栄養が届きにくくなることで発症する合併症です。糖尿病性末梢神経障害は、大きく分けると末梢神経障害と自律神経障害に分類することができます。末梢神経とは運動神経と感覚神経のことですから、この場合はこれらの神経に障害が発生します。筋肉に力が入らなくなってしまったり、温度の変化や痛みに対しても鈍感になってしまうと言うことが症状としては出やすいです。そしてこれが酷くなると、ケガをしても気が付かないまま重症になってしまい、そしてその部分が壊死してしまったために切断をやむを得ないと言う事態を招くこともあります。そしてもうひとつのタイプである自律神経は、全ての臓器や腺、血管などの機能を調節している重要な神経です。そのためここに障害が発生すると、体が無意識に行ってくれているありとあらゆる機能に対する不調が出てくることが考えられます。一例としては呼吸の乱れや体温や血圧の乱れ、便秘や下痢などが挙げられます。糖尿病性末梢神経障害は、どちらのタイプも神経障害であるが故に初期症状に気が付きにくい、そして症状に気が付いた時には重症化していることが多いのが特徴です。そのため非常に恐ろしい合併症と言うことができますから、糖尿病の予防も含め、糖尿病性末梢神経に対する注意も必要となります。