糖尿病と高血圧の関係について

糖尿病の人は、さまざま合併症や余病にも注意しなければなりませんが、その一つに高血圧があります。
高血圧になることによっていろいろな症状を引き起こしますが、その高血圧は糖尿病が原因でなることもあるのです。
それを分かりやすく示すデータとして、糖尿病の人の40~60%が高血圧であるという報告があります。
これはまさしく、糖尿病と高血圧の関係が密接なもの、両者が互いに影響し合ってることを示しています。
糖尿病の人が高血圧になることに注意すべきなのは、血圧上昇による種々の症状の中にとても重篤なものもあるからです。
例えば、頭痛、肩こり、動悸、息切れ、耳鳴りなどは、比較的軽い症状かもしれませんが、それだけでなく、脳や心臓に関わるものや、後遺症を残す可能性のある重大な病気に発展する可能性もあるのです。
こうした病気に至ると医師による適切な処置が必要になりますが、こうならないように予防することが重要になります。
このように、高血圧と糖尿病の関係性を知った人は、その関係性を思い浮かべるだけでなく、症状が発展しないように予防したいと思うはずです。
予防するためには、血圧が上昇する原因を知らなければなりません。
血圧が上昇してしまう原因はたくさんありますが、そのポイントは血液の流れが悪くなることです。
例えば、血管が弾力を失うことで流れが悪くなることや、血管の内側が狭くなることによる血流の悪化、さらに血液が粘り気を帯びることによる血流の悪化などがあります。
このように血流が悪くなることが血圧上昇の原因になっていますが、この原因を抑えることは、同時に糖尿病の原因を抑えることにもなります。
その理由は、糖尿病になる原因もまた血流の悪化によるものが多いからです。